敬老の日のなぜ?なるほど!やっぱり!プレゼントは!を大調査

 

敬う老人の日。なんとな~く、子供の頃からその日がやってくると、おじいちゃん・おばあちゃんに「おめでとう!体に気を付けてね!」と電話口で伝えさせられてきたのが、「敬老の日」というイメージです。なんとな~くを、しっかりと調べてみました


1.敬老の日とは

お堅いところからスタートすると、国民の祝日に関する法律によって、敬老の日は9月の第3月曜日と決められており、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。」と定められています。敬老の日の次の祝日「秋分の日」が921日、22日、23日のいずれかでかつ水曜日の場合、間に挟まれた火曜日が祝日法の規定により休日となり、土曜日からの5連休のスーパーシルバーウィークが完成します。

2022年は91719日と923日~25日の3連休が2週連続となります。

 

2.敬老の日は9月第3週の月曜日

敬老の日が制定されたのは1966年からで毎年915日が祝日となりましたが、連休を増やす目的のハッピーマンデー制度によって、2003年に現在の9月第3週月曜日となりました。

 

2-1.敬老の日の発祥の地は、まんてん録の同郷

敬老の日の発祥の地とされているのは、兵庫県多可町八千代区であり、まんてん録の拠点から車でほんの10分のところです。田園風景が広がり、稲作作りが盛んで日本酒好きには有名な酒米「山田錦」の発祥の地でもあります。

八千代公民館の玄関近くには大きな石碑があり、前面には「敬老の日提唱の地」と彫り込まれています1947年。戦後の動乱期、野間谷村で初めて村主催の敬老会を開催し、長い間社会に貢献されてきたお年寄りに敬意を表すとともに、知識や人生経験を伝授してもらう場を設けました。そして、9月15日を「としよりの日」と定め、村独自の祝日とすることにしました。その後、1966年、「敬老の日」は体育の日などとともに国民の祝日に加えられたのです。と多可町のホームページに記載されています。

 

2-2.なぜ?9月15日?

稲刈り前の農閑期にあたり気候も良いということで9月中旬ということから915日が選ばれたようですが、それ以外にも、915日が敬老の日となった由来は複数あるようです。はじめの由来候補は、あの有名な聖徳太子が大阪の四天王寺に「悲田院(ひでんいん)」を建立したのが915日だったからという説です。聖徳太子は四天王寺に四箇

院(敬田院、施薬院、療病院、悲田院)という制度を作り上げました。敬田院はお寺の本尊、施薬院、療病院は現在の病院や薬局であり、悲田院は現在でいうところの、老人ホームや介護施設のような社会福祉施設だったそうです。この制度を1400年以上前に作り上げた聖徳太子の凄さが伝わります。

もうひとつの由来候補は、第44代天皇の元正天皇(げんしょうてんのう)が在位中の717年に「万病を癒す薬の滝」といわれていた岐阜県の養老の滝へ行幸し、その湧水を飲んで「老を養う若返りの水」とおおせられ、年号を養老と改元したというのが915日という説です。

いずれの説も定かではないそうですが、暑さが一息し、農作業も一段落迎えた初秋の頃に、これまで頑張ってきた高齢者の方々に感謝を伝える日としてはぴったりですね。

3.何歳から敬老の日

1947年敬老の日がスタートした当時は、55歳以上を対象にしていたそうです。

敬老の日の対象年齢には明確なルールはなく、対象となるのかならないのかの判断は本人次第というのが難しさを助長しています。何歳になっても本人がお年寄り扱いされるのを嫌う方も多いですし、孫ができたらおじいちゃんおばあちゃんだと考える方もおられます。

お祝いをする側の一つの判断としては、WHO(世界保健機関)が定めている65歳ですが、それでも現在の65歳はまだまだ現役バリバリの方も多く躊躇してしまいます。

55歳以上を対象にした内閣府の調査によると、70歳以上を高齢者と考える人の割合は20%、75歳以上と考える人は40%、80歳以上と考える人は30%以上だそうです。

古希(70歳)もしくは喜寿(77歳)のお祝いして抵抗感がなければ、敬老の日を毎年お祝いするのが良いのかもしれません。。。

 

 

おじいちゃん・おばあちゃんの日

お孫さんからのお祝いであれば、年齢などはあまり気にする必要はないのかもしれません。

関係性によるとは思いますが、孫が生まれたらおじいちゃん・おばあちゃんと自覚する方は多いようです。子供の日があるように、母の日、父の日があるように、おじいちゃん・おばあちゃんの日は、孫から祖父母に対して感謝を伝える日ということにしてしまえば良いのではないでしょうか?

4.なにを送る?

なにを送ればいいのか?なにを望まれているのか?年齢を重ねれば重ねるほどに趣味嗜好は分かれていきますので、一概に喜ばれるものはないように思います。本人に聞いた方が良いのか?聞かない方が良いのか?なども人それぞれですし、普段の関係性次第です。

モノや形にとらわれず、年に一度、両親もしくは祖父母に想いを馳せる大切な時間にしてもらいたいなと願っています。

一般的には敬老の日のプレゼントでおススメされているのは、お菓子やグルメ、お花などの消費型、旅行やレストランなどのイベント型、洋服やマフラーなどの装飾型が人気のようです。

 

5.スライドショーをプレゼント

高級な贈り物も喜ばれるとは思いますが、今年はひと味違うプレゼントはいかがでしょうか?

まんてん録がおススメするのは「家族の記録」スライドショーをプレゼントすることです。

 カメラが一般家庭に浸透しだしてから約50年。おじいちゃん・おばあちゃんの写真は少ないかもしれませんが、おじいちゃん・おばあちゃんが築き上げた、家族の写真は多く存在しているのではないでしょうか?その写真を整理して、共有してきた時間をスライドショーにして大きなテレビで鑑賞するプレゼントは大変喜ばれること間違いありません。

 時代背景を含めたスライドショー

まんてん録の「家族の記録」スライドショーは一味違ったスライドショーです。写真が少ないおじいちゃん・おばあちゃんを中心に、生まれた年や結婚式があった年に、どのような事件や事故などが発生した時なのか、どのようなヒット曲が世間で歌われていたのかなどをスライドショーに含めています。

家族一人一人に焦点をあて、世界や日本での出来事を振り返りながら、家族全員が楽しめる内容になっています。

  • 家族にとって重要な年(誕生年・結婚式など)の5大ニュースを表記して時代を認識
  • 重要な年のヒット曲を掲載
  • 撮影された時代を反映する写真・動画
  • 写真50枚で約10分、写真100枚で約20分
  • 写真・アルバムのデジタル化サービスを利用された場合大幅値引き

スライドショーの料金

  • 価格:27,500円(写真:50枚まで)追加写真:1枚:220円

オプションサービス
 ・動画導入:1本 550円
 ・著作権保護音楽:1本 1500円(著作権料)

値引き(デジタル化サービス同時利用)

  • 10,000円以上の注文で10%引き
  • 20,000円以上の注文で20%引き
  • 30,000円以上の注文で30%引き
  • 50,000円以上の注文で40%引き
  • 100,000円以上の注文で50%引き

思いでそのままデジタル

まんてん録

https://manten.world/